【2/5 UP】フランスのヴィンテージプレート



フランスのPollyannaさんから、新作と合わせてヴィンテージのプレートも届けてもらいました!

創業1700年代のフランスの古窯、Lunéville(リュネヴィル)のヴィンテージプレート。

製造年などの詳細は不明なのですが、トワル・ド・ジュイの絵柄のような素敵な絵皿です。

 

花リム…と言い切って良いのかわかりませんが、縁の花びらのような緩やかな装飾も素敵です。

 

状態もとてもきれい。

Lunéville(リュネヴィル)はフランス北東部にあるロレーヌ地方の街。

KGの刻印(Keller & Guerin)が入っているので20世紀初頭以降のものかもしれませんが、詳細はわからずごめんなさい。

 

右側のポチッとした跡は恐らく目跡(めあと)。

陶磁器を窯で焼く時に、高台と地面が接触しないように突起で支えていた、その跡のようです。

 

貫入という釉薬の部分にできる細かいひび模様がところどころにあったりします。

窯出し直後にできたり、経年でできたりするようですが、割れているわけではありません。

 

 

ヴィンテージのプレートって素敵ですよね^^

使わない時は飾って楽しみたい一枚です。

ご来店の際はぜひ実物をご覧くださいませ^^