【11/4 UP】「物語の続き展」おすすめアイテム②



11/1(木)から「物語の続き展」スタートしました!

店内ではリメイクのハンドメイドアイテムをメインとした展示「物語の続き展」が11/1(木)からスタートしました。

期間限定のお取り扱いが殆どですので、どうぞお見逃しなく!

また、ポストカード展の出展作家さんたちの作品も、「物語の続き展」同じく11/11(日)までです。
お手紙に、インテリアに、栞代わりにいかがでしょうか?



 

おすすめアイテムの紹介です

こちらはOne noble novelさんの新作ピアス。

今回「物語の続き展」ではRe:novelシリーズをご出展くださっています。

 

///

それまで活きてきた証(キズ)は、新たな人生でどんな魅力として輝くのか。

そんなわくわくとともに、「誰もが何度でもやり直せるし、また愛される。」という象徴として、一つの役割を終えたモノで創る新たな物語。

生まれ変わらなくても、まだまだ「つづき」として輝ける証として。

(One noble novelさんのSNSより引用)

///

という素敵なシリーズです。

「物語の続き展」も、普段からお取扱いしているOne noble novelさんのRe:novelシリーズや、UYUTOさんのリボーンシリーズなどに感銘をうけ、ただのリメイクではない、愛と続きのあるリメイクの展示をしたいと思うようになりました。

 

UYUTOさんのcanonetシリーズ。

もう修理ができないカメラcanonet(キャノネット)をアクセサリーにリメイクしたシリーズです。

これ、写真を撮られる方には「あれが!」となり、そうでない方には「ハテナ?」かもしれませんが、

写真好き、カメラ好きにはたまらない。

シャッタースピードを表すプレートが素敵なバングルに生まれ変わりました。

 

黒豆さんの灯り。

左は子供用のくつの木型を使った灯り。

右は積み木とデッサン用のタマゴをコラージュしたもの。

灯りの傘の部分はショットグラスを使っています。

灯りを点すと、命が吹き込まれたような気がします^^

(しかし写真撮るのはなかなか難しいですね〜)

tocolierからはRAGTIMEシリーズ。

ヴィンテージのフレームを使ったコラージュ。

瓶は1930年代イギリス頃のBOVRILのもの。

他にもフランス(辺り)のヴィンテージのメダイユや、

チェコのヴィンテージのヴィンテージのガラスボタンなどを使っています。

ガラスボタンは不良品で3つ繋がっているものや、ボタンとしては機能しないものも唯一無二の存在として使っています。

選べるドライフラワー付きで販売。

 

line

「物語の続き展」

2018/11/01(木)〜11/11(日)
営業時間:13:00〜20:00
※最終日の展示は17:00まで
※月〜水曜日定休(11/5,6,7休み)

 

<出展作家>

UYUTO(アクセサリー) 在店予定 11/3(土)14〜20時、4(日)、11(日)※時間未定
黒豆(灯り)在店予定  11/11(日) ※時間未定
Pollyanna(パール刺繍)
One noble novel(コスチュームジュエリー)在店予定  11/3(土)16〜20時、11(日)15〜17時
tocolier(コラージュ・布小物、他)

※在店予定はやむなく変更になる場合もございます事、予めご了承くださいませ。

 

 

line

tocolier(トコリエ)

〒145-0064

東京都大田区上池台1-40-5-1F
東急池上線 長原駅 徒歩3分

 

OPEN:木〜日曜日 13〜20時
※展示最終日は17時まで
※flower week期間中は定休日も休まず営業します。

03-6337-9889

access
google map
mail

 

東急池上線 長原駅の改札を左に出て(改札一箇所のみ)、

突き当り(STIVALEというイタリアン惣菜屋さんがあります)を左折し直進。

信号の手前、居酒屋 甲子苑(旧 青果店)と歯科医院、駐車場のT字路を右折。

1分程直進し、右側 薬局隣の半地下にあります。

 

 

イベント、悪天候などにより臨時休業する場合はInstagramfacebookページtwitterでお知らせします。