【4/6 UP】3月のスワッグ


 


今年からスタートしたtocolierの「季節のスワッグワークショップ」

3月にご参加の皆様の作品と、tocolierが制作したスワッグをまとめてご紹介します。

tocolierでは実験的にこの花はどうなるのかな?とスワッグにしてみる事もあるので、変化の様子も参考にしていただけたら幸いです^^


3月のスワッグ

3月は「うららか」をテーマに生花を揃えました。

柔らかいペールトーンの春色がメインです。

まずは初日に作ったtocolierのスワッグ二つと、その約1ヶ月後の姿をご紹介します。

作りたてのスワッグ。スカビオサ、アネモネ、ローダンセ、ルピナス、グニユーカリ、ユーカリポポラス、レモンリーフ。

半月後の姿がこちら。

ローダンセ(ピンクのお花)がスワッグにピッタリでした^^

なぜかスワッグにしてから存在感を増した感じもします。

こちらはほぼ実験な感じで作ったスワッグ。

ドライフラワーには向いてないだろうと思う花も敢えて使っています。

それでも、乾燥すれば全てドライフラワー。

資材屋さんのドライフラワーコーナーには「こんな花も!?」と思うお花のドライフラワーも売っているので挑んでみます。

(例えば芍薬とかもあるんですよー)

使用した花は、リューココリネ、フリージア、ビオラ、シレネ、ローダンセ、グリーンベル、セダム、メラスフェルラ。

 

 

驚いた事に、スワッグにしてから1週間後、フリージアが咲きました!

作った時は、一番端(上の写真の左側)の一つが咲いていて、端から二番目が大きく膨らみ、あとは蕾でしたが、

なんと、三番目、四番目もスワッグにしてから咲いたのです。

スワッグにして逆さまに干したから、花に水がいったのでしょうか?

こちら半月後の姿。

多肉植物のセダムだけが相変わらず生きています。

不死身のようにも感じる生命力…でもドライフラワーにした事もあるので、そのうち乾燥する日がくると思います。

これからの季節はカビに注意しなくてはいけませんが、しばらくは経過を観察。

生きたスワッグ?を楽しみたい方にオススメです。

そして3週間後、セダムも咲きました。

「グリーンセダム」として、全部グリーンのセダムだったのですが、お花はピンク系だったのですね…^^;

セダム先輩の生命力を見習いたいと思います。

こちらはflower weekの中ほどに追加で作ったスワッグ。

スカビオサ、エリカキュービカ、ローダンセ、ライスフラワー、バラ、グニユーカリ、ユーカリポポラス、レモンリーフ。

春の花はスワッグに向いていない花も多いので、追加でエリカ、ライスフラワー、バラなどを仕入れてきました。

 

半月後の姿がこちら。

ローダンセは非常に優秀!珍しいお花であまり流通していないのが残念です^^;

エリカの濃いピンクもいいアクセントです。

 

ここから先はワークショップにご参加のお客様の作品をご紹介します^^

 

アネモネ、ローダンセ、フリージア、メラスフェルラ、セダム、グリーンベル、エリカ、ルピナス、ユーカリポポラス、レモンリーフ。

優しい色合いと、ふんわりとエアリーな仕上がりのスワッグがとても素敵です^^

フリージア、エリカ、ローダンセ、ルピナス、メラスフェルラ、グニユーカリ、ユーカリポポラス、レモンリーフ。

鮮やかなエリカにフリージアのイエローが効いていますね^^

ポポラスベリーも良い存在感です。

こちらはスワッグを作る前段階。

どの花が良いか選んでいただくのですが、花ってなんでこんなに可愛いのでしょう。

並べただけでも素敵です。

完成したスワッグがこちら!

フリージア、バラ、ローダンセ、アネモネ、エリカ、ルピナス、メラスフェルラ、グニユーカリ、レモンリーフ。

先端がとてもかわいらしい仕上がりでした!

グニユーカリとメラスフェルラを少し絡ませてまとまりのある仕上がりに^^

3月のスワッグワークショップではこの黄色の小さなお花、メラスフェルラが大人気でした。

ドライフラワーになると、ワントーン濃い橙色がちょん、ちょん♪とかわいらしい^^

こちらのお客様は、ラナンキュラス、セダム、ルピナス、ライスフラワー、ローダンセ、メラスフェルラ、グニユーカリ、レモンリーフのスワッグ。

レモンリーフはあえて裏側を見せると様々なグリーンのトーンが楽しめます。

こちらのお客様はスカビオサ、バラ、エリカ、ライスフラワー、グニユーカリ、レモンリーフのスワッグ。

エリカの存在感がとても生きてますね!

 

斜めから見るとエリカの枝が立体的なんです。

こちらのお客様は、スカビオサ、エリカ、ルピナス、ライスフラワー、メラスフェルラ、グニユーカリ、ユーカリポポラス、レモンリーフのスワッグ。

スカビオサはドライフラワーになると4分の1くらいに小さく縮みますが、今回のように白に近いソフトピンクのスカビオサも、ドライフラワーになるとピンクが濃くなってとてもかわいらしいです。

 

 

 

tocolierは生花店ではありませんが、flower weekという生花販売をメインのイベントを毎月開催しています。

その際にスワッグWSも開催していますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

花材は毎月変わり、花撮影イベントの参加者も同時募集していますので、ご予約の方優先とさせていただいています。

 

ワークショップ詳細 → 季節のスワッグワークショップ